根管治療Root canal treatment

マイクロスコープを使用し精密な根管治療
の実現。

マイクロスコープとは

世界最高峰カールツァイス社のマイクロスコープを使用しています。
マイクロスコープを使うと肉眼の2倍から24倍に拡大して診ることができるため、より正確でより精密に、より安全に治療が行えます。
これまで肉眼でも拡大鏡でもまったく見ることができなかった根管の内部から歯周組織、歯の切削面などさまざまなお口の中の状態が、まさに手にとるように確認できるのです。
例えば、歯の根っこを治療する場合、マイクロスコープを使えば肉眼では見ることができない部分まで確認でき、より繊細な処置と治療が可能になります。また、歯を削る場合でもマイクロスコープを使いながら詰め物をすると、使用しない場合に比べて詰め物がとれたり、虫歯になったりする確率が低くなるのです。
さらにビデオモニターにて観察、記録ができますので患者さまにより納得して治療を受けて頂くことも可能になります。これにより、これまで抜くしかない状態の悪い歯であっても歯を残せる可能性が増え、より精度の高い診断や治療を患者さまにご提供することが可能となのです。

根管治療の流れ

麻酔をする

大きな虫歯や細菌の感染によって歯の根の中が汚染されてしまうことがあります。
必要に応じて麻酔をします。

虫歯を削る

根の中にしっかりアプローチできるように虫歯や汚染された歯質を削ります。

神経を抜く

根の中はとても細い管なので、細い器具を使って掃除をします。
同時に、消毒薬で殺菌をします。
回数がかかることもありますが、ここで中断してしまうと、歯の内側から
腐ってしまうので、治療は最後まで継続しましょう。

すきまなく埋める

掃除と消毒が終わったら、管を埋める材料をつめて根の治療は終了になります。

TOP